Lomilomi

 ロミロミは、ハワイの伝統的な治療法であり、ヒーリング

1000~1500年前にポリネシアからカヌーで航海してきた移住者が持ち込んだものが、ロミロミの原型といわれています。

 

ロミロミは、幼いころに選ばれた一員だけに伝承されてきたため、OHANA(家族・一族)や地域によってそのスタイルも様々です。

ラウレアのロミロミは、「Lōkahi Lomilomi」(ローカヒロミロミ)。

ネイティブハワイアンのクム Dane Kaohelani Silvaが創りあげたハワイアンヒーリングの集大成です。

 

 

 Lōkahi(ローカヒ)は調和。

 

身体(ボディ)、心(マインド)、魂(スピリット)が調和して、Pono(本来あるべき状態)に戻すのがロミロミです。

そして、ロミロミに大切なのがALOHAとMANA(マナ)。

 

 

楽にしてあげたい、痛みを取り除いてあげたいというALOHAな心。

 

プレ(お祈り)をして、大地(自然)と天(神・先祖)とつながり、受け取ったマナ(癒しのエネルギー)を相手に注ぐ。

 

クリニカルなアプローチで、身体を歪みやコリ、炎症などがないバランスのとれた状態へ戻す。

 

 

 

身体と心はつながっています。

筋肉を柔らげて、心を和らげる。これは他のマッサージとは違うロミロミの特徴です。

 

 

また、ローカヒロミロミでは、セラピスト自身も健やかであり続けられるよう、セラピストを守るスキル(身体の使い方、気持ちの在り方など)をとても大切にしています。


Kumu Lomi

クムロミ デェーン カオヘラニシルバ

 

ローカヒロミロミの創始者。ハワイ島ヒロ産まれのネイティブハワイアン。現在はハワイ島プナ在住。

 

幼いころより祖母と父からロミロミを学び始める。

その後もハワイの様々なクム、クブナ、カフナ(マスター)からハワイアンヒーリング、ルア(武術)、薬草学などを学ぶ。

カイロプラクティックドクターの学位、鍼灸師の資格も持ち、ハワイ大学ヒロ校での解剖学講師経験もある。

ハワイアンロミロミ協会の初代会長。

 

伝統的なハワイアンのスピリチュアリティと、解剖学や病理学の両方を極めているクムロミ。